個人輸入を正しく利用し薬で痩せる選択肢

くすりエクスプレスというサイトをご存知でしょうか。
外国の医薬品の個人輸入の代行サービスを行っているサイトです。
最近話題となっている個人輸入ですが、そもそも違法ではないかといえば、全くの合法です。
外国の医薬品は、個人の使用に限り許可する法律が存在します。
それは例えば、外国では一般的な薬でも日本では認可されておらず手に入らない場合があるからです。
日本国外で看て貰い処方してもらった経緯があり、その薬が必要でも日本で認可されていないと処方を受けることができません。
なので日本では個人の利用に限り輸入をすることが許されているのです。
インターネットの普及により個人輸入も行いやすくはなりましたが、難しいことには変わりは無いでしょう。
なので認可を受けている輸入業者が代行することも法律上認められていることなので問題ないです。
まだ日本で認可されていないピルや育毛剤など多くの薬があります。
例えばゼニカル(Xenical)という、スイスの製薬会社のロシュが販売するダイエット薬もその一つです。
ダイエットの薬には代謝を良くする仕組みのものと、脂質の吸収を抑えるものと、中枢神経系に働きかけて食欲を抑えるものがあります。
ゼニカルは吸収を抑えるタイプです。
食事中に食物と一緒に服用することで、腸内の酵素リパーゼに働きかけて脂肪の吸収を阻害します。
比較的安全ということなので同系統の薬では認可されていて処方してもらえる薬もあるくらいです。
薬なので完全に安全なものはなく、もちろん副作用が存在します。
ゼニカルは脂肪の吸収を阻害し、そのまま大便として排出する薬です。
脂質は排出時には固まって出されますが、そのままだと液状で腸を通過します。
すると肛門から垂れ流しになったり、便意のコントロールが難しくなる場合もあるようです。
ナプキンの着用が必要となってきますが、脂っこい食べ物を多く食べた際の効果の目安ともなっているようです。
他にも脂質の吸収ができないので、脂溶性のビタミンの吸収も阻害されます。
そのためビタミン剤で補給することが必須となるでしょう。
神経系に働きかけたり依存性のある成分も無いので、アメリカでは安全と認可され、日本でも同系統の薬が処方できます。
あくまでも脂質の吸収阻害なので、厳密には痩せるのではなく太らなくするということなので、健康面でも適度な運動というのは大切です。
薬には利便性と危険性があります。
体格や生活サイクルでその効果も微妙に変わってきます。
処方してもらうならば医師に相談できますし、ドラッグストアでの購入ならば薬剤師に聞いてみるのも良いでしょう。
個人輸入の場合だと外国の販売業者に問い合わせるしかありませんが、くすりエクスプレスのような大きなサイトのある個人輸入業の利点はレビューもあるところです。
薬毎に公式の効果や注意などはもちろん記載されていますが、実際の使用感覚や状況も分かるのは大変参考になります。
レビューを書いた薬の利用者はその素晴らしさを伝えたいだけでなく、失敗談や経緯を他の人に教え警告すると共に、知識を共有していけるのが素晴らしいです。

Comments are closed.